上級講義 財務会計論(理論) 19年/20年合格目標

財務会計論(理論)の講義では、初学者の受講生や会計処理は行えるが、その理屈が理解できていないという受講生を対象として、圧縮講義よりも丁寧に各論点を説明しています。

理解重視の講義!!

上級講義では、理解を促す図や表が豊富に掲載されているテキストを用いることで、まず会計の根底にある考え方を理解させることを重視しています。また、難解な論点や発展的な論点についても説明していきますが、最初に会計の根底にある考え方をしっかりと理解しているため、そのような論点であっても、時間をかけずに効率的に学習できます。

出題可能性のある論点を網羅的にマスター!!

会計基準や概念フレームワークに掲載されている論点は、ほぼすべてテキストに記載していますので、細かい論点にも対応できます。網羅的に、かつしっかりと知識が定着するため、公認会計士試験で応用的な問題が出題されても、適切に対応できる実力を養成することができます。

状況に合わせて、どの講義を見るか選択可能!

上級講義では、大きく以下の4つの内容から構成されています。
1.基礎期:短答、論文対策をする上で必要な知識を学習する講義(試験上、必須の講義)
2.応用期@:論文対策における重要論点を学習する講義
3.応用期A:会計基準に記載ある内容で、重要性の低い論点を学習する講義
4.応用期B:会計基準に記載ない内容で、重要性の低い論点を学習する講義(試験上、最も重要性が低い論点)

このため、短答対策をする上で、時間に余裕がない方は上記「1.」のみを受講するという選択詩を取ることもできますし、論文対策をする上で、時間に余裕がない方は上記「1.」と「2.」のみを受講するという選択肢を取ることもできます。各自の状況に合わせて、見るべき講義を選択することが可能となっています!

講義では、会計の基本的な考え方から説明してもらえたので、苦手意識を持たずに、学習を進めることができました。また、テキストに、論点が網羅的に掲載されていたので、実際の試験で応用的な問題が出題されても、その場で考えて記述することができました。財務諸表論を基礎から学習したい方にお薦めの講義だと思います。

サンプルテキストはこちら

サンプルテキストはこちら

教材一覧・発送時期

発送時期につきましては、こちらをご確認ください。

2019/2019年目標を一括発送も可能です

価格 : 円(税込)
数量
 
資料を取寄せる(無料)  無料個別相談を予約