これでパーフェクトにわかる! 追加論点講義 監査論(要約財務諸表に関する報告業務)

本講義では、平成30年 5月短答式試験・平成30年 8月論文式試験から出題範囲に加えられた、監査基準委員会報告書810「要約財務諸表に関する報告業務」について、約50分で簡潔に解説いたします。
追加論点である「要約財務諸表に関する報告業務」の概要を簡潔に把握したい方にオススメの講義です。
また、本講義では、具体的には以下の内容を取り扱っています。

 

@ 要約財務諸表に関する報告業務って、どのような業務なのか
A 監査人は、どのような手続を実施する必要があるのか
B 要約財務諸表に対する報告書には何を記載するか

 

上記の内容を網羅的に掲載したレジュメを用いて、また、説明の際には図やまとめの表を用いて、わかりやすく丁寧に解説していきます!

 

なお、本講義を受けることで、以下のメリットがあります。

・ 追加論点である要約財務諸表に関する報告業務」の概要を簡潔に把握することができます
・ 短答式の問題におけるひっかけのポイントが明確になります

豊富な問題数と充実した解説!!

圧倒的に豊富な問題数も魅力ですが、各問題(肢)に、非常に詳しい解説が掲載されています。そのため、この問題集だけで、財務諸表論の試験範囲を網羅的に学習し、十分に短答式試験合格に必要な実力を養成できます。また一方で、問題にはすべて重要性を示してあるので、効率的に学習できます。

財表の短答式試験対策として、多くの問題を解きたい方、問題を中心に学習したい方にオススメです。

教材一覧

  • 追加論点レジュメ(B5 両面印刷)
  • 短答問題(B5 両面印刷)
  • 講義(約50分)

発送時期

ご注文後1週間以内に発送します。
銀行振込の方はご入金確認後1週間以内に発送します。

発送時期につきましては、こちらをご確認ください。

価格 : 円(税込)
数量
 
資料を取寄せる(無料)  無料個別相談を予約