企業法 短答対策講義__21年12月合格目標

高野大希講師による、短答式試験の対策を効率的に行い、、シンプルに企業法で合格点を確保することを目的とした講座です。

特徴1 短答に特化した解説講義

講義では、論点ごとの解説によりInputを深めていただいた後に,該当範囲の短答式試験の過去問でOutputしてもらいます。

常に短答式試験における過去問を念頭において学習することができるので,短答式試験における重要性を体にしみこませることができます。

特徴2 論文論点も記載した補完教材「Essential」とのリンク

講義では使用する短答過去問集の他に条文番号や論文論点を記載した「Essential」を配布します。

講義では短答式試験の対策に特化しますが,学習の進捗に余裕のある方は自習時間を使って論文対策の下準備をしておくことができます。

特徴3 過去問の出題実績に合わせた重要度を設定

過去10年分の過去問における出題実績をベースに重要度を設定し,強弱をつけて講義を行います。

そのため,講義回数全12回という少ない回数でも,商法や金融商品取引法も含めたすべての範囲を取り扱うことができます。

講師よりコメント

企業法をすべて網羅的に学習しようとすると,莫大な量を学習する必要があり,多くの時間を費やすことになってしまいます。しかし,短答式試験においては,すべての論点が満遍なく出題されているわけではなく,特定の重要論点が繰り返し出題されているという特徴があります。

そのため,短答対策講義では,近年新設された論点を除いて過去問の出題実績という絶対的な尺度により強弱をつけて取扱います。そのため,「企業法よりも他科目を優先的に学習したい」という方など限られた時間で最大の結果を出したい方に適した講義となります。

ともに合格への道を歩みましょう。

高野大希講師

プロフィール

平成23年早稲田大学商学部卒業
平成22年公認会計士試験合格、公認会計士
公認会計士試験合格後、財務会計論(計算)、租税法の講師として講義・作問を担当

対象

2021年12月 短答式試験の合格を目指す企業法の学習経験者

講義回数

12回(各回3時間)

教材サンプル


サンプル講義

※当サンプル講義は21年12月目標の講義です

発送教材

  • 講義動画: 12回
  • 講義レジュメ「Essential」: 1冊
  • 講義レジュメ「短答過去問集」:2冊

視聴期限

講義視聴期限:2022年8月末迄

実施期間

講義実施期間:2021年6月中旬〜2021年9月中旬

発送時期

初回発送:2021年6月上旬以降 順次発送

初回発送以降はご注文後1週間以内に発送します。
銀行振込の方はご入金確認後1週間以内に発送します。

発送時期につきましては、こちらをご確認ください。

価格 : 円(税込)
数量
 
資料を取寄せる(無料)  無料個別相談を予約